記事

Patent Prosecution Highway
特許部門

日本国特許庁(JPO)とフランス産業財産権庁(INPI)の間で特許審査ハイウェイ(PPH)を開始

フランス産業財産権庁(INPI)と日本特許庁(JPO)は、2021年1月1日からPPHパイロットプログラムを開始し、少なくとも2022年12月31日まで試行し、その後本格運用されます。このPPHプログラム(Patent Prosecution Highway: 特許審査ハイウェイ)では、日本の優先権出願の少なくとも1つの請求項がJPOで審査され、特許性があると認められた場合、INPIで早期審査の恩恵を受けられます。

PPHの請求は無料で、また請求期間は出願時から、審査が始まる前までとされています。審査は、出願公開から3ヶ月間の第三者による情報提供期間を経て、INPIで開始されます。したがって、審査は通常、フランス出願から約1年後に開始されます。

日本出願の審査における特許査定があると良いですが、必須要件ではありません。PPHを請求するには、「請求項XXについては拒絶理由がない」という特許庁からの通知が少なくともあれば十分です。

PPH請求の際に提出するものは以下の通りです。

-    先願のために作成されたJPOによる全ての通知とその英語またはフランス語の翻訳文
-    JPOで特許される請求項の翻訳文
-    日本出願とフランス出願の請求項の対応表
-    JPOが引用した文献のコピーと、必要に応じて英語またはフランス語の翻訳文

これらの項目について、INPIは自動翻訳を受け付けています(正確であることが条件)。

INPIでの審査は、INPIで補完的な調査を行う場合でも、通常、JPOが引用した文献に基づいて開始される。したがって、JPO審査官が出願の主題の特許性を確信した場合、INPI審査官は、JPO審査官の意見を信頼し、これに従うことが期待される。

INPIでのPPH出願には、JPOが引用した先行技術だけでなく、JPO審査官を納得させた意見書も提供することができ、2020年5月以降に出願された出願のINPIでの進歩性審査の拒絶理由を回避するためのツールとなります。

もちろん、他の事案より審査が迅速に行われ、フランス出願後1年から2年で審査が終了する見込みとされています。
  
さらに詳しい点や実務的なアドバイスをご希望の方は、Plasseraud IPの日本部までお気軽にお問い合わせください。

- 竹下敦也 
- 丸山和子 
- 佐方ひろみ