Cabinet Plasseraud

欧州特許商標事務所

 

Our firm

René PLASSERAUDの死から数年後の1973年、事務所は彼を称え「Cabinet PLASSERAUD」の名称を使い始めました。

80年代、Ernest GUTMANN及びYves PLASSERAUDが他のパートナーの合意のもと離脱し、「ERNEST GUTMANN YVES PLASSERAUD」を設立しました。これは当所とは全く別組織です。

1990年には、大手食品製造企業の知的財産部門を率いていたDidier BOULINGUIEZを、1994年にはFrancis BEROGINを、それぞれパートナーに迎えました。

1999年には、Raphaël FLEURANCE(2007年からパートナー)が率いるリヨンオフィスをオープン。

2000年には、エレクトロニクス・遠距離通信と機械を専門とするBertrand LOISEL及びEric BURBAUDが、その後Guylène KIESEL (商標・意匠)、Cyra NARGOLWALLA(薬学・生物工学)及びStéphane VERDURE(エレクトロニクス・遠距離通信、機械)がパートナーとなりました。

続いて、2008年に上海オフィス、2009年にリールオフィスを開設。後者は、長年にわたり地元で活動してきたDuthoit Legros Associates法律事務所との緊密な協力の結果として開設されたものです。

更に2010年、Stéphane Verdureが率いるトゥールーズオフィスも開設され、フランス全土どこにいらっしゃるお客様も、気軽にアクセスしていただけるようになりました。

2011年、チェコのKorejzová&Co法律事務所とのパートナーシップに基づき、プラハオフィスを開設しました。このオフィスは当所パートナーのEric Burbaudと、Petra Korejzováとが共同で運営しています。

このように、当所は、一貫してヨーロッパでの存在を拡大し、国際的な発展を強化しようと努めて参りました。

過去10年以上で、当所の活動は著しく活発になり、今日では10年前の倍の規模となりました。当所は現在、特許事務所の中では、フランスでトップスリーの一つとして知られています。

 

当所パ-トナ-

  Eric Burbaud associé Cabinet Plasseraud Conseil Propriété Industrielle Mécanique Electronique Informatique
 1990 2000  2000
 ディディエ・ブランギエ ベルトラン・ロワゼル  エリック ビュルボ
     
     Raphaël Fleurance associé Cabinet Plasseraud conseil propriété industrielle chimie sciences du vivant
 2002  2004  2007
 ギレ-ヌ・キーゼル  サイラ・ナルゴルワラー ラファエル・フルーランス
     
   Catherine Touati associée Cabinet Plasseraud conseil propriété industrielle chimie sciences du vivant  Bérénice Dejardins associée Cabinet Plasseraud conseil propriété industrielle juriste marques ntic
 2008 2011  2011
 アルベ-ル・ハッシンヌ  カトリ-ヌ・トゥアティ ベレニス デジャルダン
     
 Isabelle Meunier-Coeur associée cabinet plasseraud conseil propriété industrielle Juriste marques dessins et modèles    
 2011  2011  2012
イザベル・ムニエ=ク-ル   パトリック・ボイル  イナ・シュライベル
     
   Frédéric Niemann associé cabinet plasseraud conseil propriété industrielle chimie sciences du vivant  
 2012  2012  2016
   マリエル・シャトー

フレデリック・ニーマン
 

ドゥニ ボワガレル
     
 2016  2018  2018
ガエル ブル ナディンヌ ロカボア ドゥニ ブバル
     
 
2018 2018  
フィリップ ルヴェル エリック グルゾン