Cabinet Plasseraud

欧州特許商標事務所

 

Our firm

特許とは?

特許とは技術的な発明、すなわち技術的な問題に対する技術的な解決策、を保護する知的財産の権利です。独占的な権利であり、特許権の所有者は、特許権として請求した発明が同意なく実施されることを禁止することができます。特許とは、その権利者と国家との「契約」ともいうことができ、国家はその発明を公に開示することと引き替えに独占的な権利を付与します。特許権の保護は、領土内で20年間以内と限定されています。

特許法は、欧州では欧州特許条約(European patent Convention)そしてフランスではフランス知財法(French Intellectual Property Code)により定められています。

発明・特許についてより詳しく知る

 

特許権の取得

CABINET PLASSERAUDの特許弁理士、特許技術者はあらゆる技術分野において堪能であり、その結果、お客様が中小企業であろうと、国際的企業であろうと、特許出願の準備や文書作成に際して取り得る最善のアドバイスを、英語・フランス語でご提供することができます。

当所の厳格なる特許文書作成とそれに続く権利化の取扱は、主要な各国特許庁の実務、特に欧州特許庁、米国特許庁、そして日本国特許庁の実務に基づきます。

CABINET PLASSERAUDの特許弁理士は、欧州・フランスやさらに各国での、お客様の特許出願に対する戦略の立案にも積極的に関与しています。お客様のビジネス開発方針のみならず、ご予算も考慮に入れた上で、可能な限り最善の保護を得ることを目的にしています。

欧州・フランスそして各国での権利化と特許付与の経過の中で、当所はお客様と密接に協力しながら業務を行い、適用しうる戦略を提案し、そして一方で、常に全ての期限を厳格に監視します。

 

> 特許調査と技術監視(ウォッチング)

CABINET PLASSERAUDは、特許関連の調査部門を特別に有しており、特に以下の項目において専門性と経験を有しています。

  • 技術水準の確立
  • 先行技術文献の調査
  • 市場での自由実施権調査(クリアランス調査)
  • 化学構造式調査
  • 技術分野調査と競合他社調査

調査部門は、特許調査領域において顕著な実績を有する欧州・フランス特許弁理士により指揮されています。

 

> 訴訟

CABINET PLASSERAUDは、各国特許庁、特に欧州特許庁に対する異議申立や審判においてお客様に助言をし、支援をし、そして、代理を行っています。

当所は裁判所における訴訟においてもお客様に助言をし、支援をしており、知的財産に特化した訴訟弁護士と緊密な協力の上で行っています。訴訟に際して当所では、侵害の証拠を確保するための大変有用なツールであるSaisie-contrefaçon(Seizure,証拠保全)を行っています。

さらに、お客様の第三者との交渉を支援しており、契約書の準備を知的財産事項の観点から行っています。

 

> オプション

当所の調査部門との連携により、当所の特許弁理士は、特許性・有効性(無効性)・市場での自由実施可能性の調査を迅速にお客様にご提供することも可能です。

当所の特許弁理士は、特許ポートフォリオの価値評価(デューディリジェンス)の経験も豊富です。より一般的には、お客様の知的財産に関する資産の管理をお手伝いすることができます。

化学 - 生命化学
電気
電子工学
機械
物理
特許調査